• HOME
  • ブログ
  • 展覧会情報
  • 記念すべき第20回目を迎える「ART OSAKA 2022」が2022年7月開催。日本初となる大型作品、インスタレーション等に特化した「Expanded」セクションを携えさらにパワーアップ

記念すべき第20回目を迎える「ART OSAKA 2022」が2022年7月開催。日本初となる大型作品、インスタレーション等に特化した「Expanded」セクションを携えさらにパワーアップ

展覧会情報

 2022年7月6日(水)~11日(月)の6日間、大阪市中央公会堂(中之島・国指定重要文化財)とクリエイティブセンター大阪/名村造船所大阪工場跡地 (北加賀屋・近代化産業遺産)の2会場で現代美術のアートフェア「ART OSAKA 2022」が開催される。

 記念すべき第20回目となる「ART OSAKA 2022」では、昨年好評だった中之島エリアの大阪市中央公会堂(国指定重要文化財)の他に、アートのまちづくりで知られる住之江区北加賀屋エリアの造船所跡地-クリエイティブセンター大阪(近代化産業遺産)が新会場に加わり、2会場での開催となる。
 大阪市中央公会堂にて展開される個々に出展するブース形式の「Galleries」セクションでは、総勢54軒のギャラリーが一堂に会する。加えて、複数のギャラリーが1つの広大な空間を共有しダイナミックに展開する「Expanded」セクションが別会場で新設。日本初となる大型作品、インスタレーション等に特化したフェア開催が試みられる。その「Expanded」セクションでは、植松奎二、大西康明など国際的にも注目を集める17名の作家による14プランが展示される予定だ。

 会期中は「ART OSAKAオリジナルアートクルーズ」として、大阪市中央公会堂とクリエイティブセンター大阪を結ぶ70分間のクルーズ船(3000円)が会期中の3日間運航される予定。大阪は古くから川を活用し舟運と共に発展してきた水の都。市内を流れるシンボリックな水の回廊を味わいながら2会場を結ぶアートクルーズで歴史や建造物の紹介、アート解説を加えた水の旅が楽しめる。

開催概要

ART OSAKA 2022

日  程:2022年7月6日~7月11日
※開場日時間は会場によって異なりますのでご注意下さい。

■ART OSAKA 2022「Galleries」:ブース形式のセクション

日  程:2022年7月8日(金)~10日(日)
プレビュー:7月8日 13:00―20:00 *VIP・招待客、プレスのみ
一般公開 :7月9日 11:00―20:00、7月10日 11:00―17:00
出展ギャラリー:54ギャラリー
会  場:大阪市中央公会堂 3階 [中集会室/小集会室/特別室]
(〒530-0005 大阪市北区中之島1丁目1番27号 )

■ART OSAKA 2022「Expanded」:大型作品やインスタレーション等に特化したセクション

日  程:2022年7月6日~11日
一般公開 :7月6日~7日 13:00―20:00、7月8日~10日 11:00―20:00、7月11日 11:00―17:00
出展作家:17名の14プラン
会  場:クリエイティブセンター大阪(名村造船所大阪工場跡地)
(〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋4丁目1番55号 )

入場料:2会場チケット 2,500円 ※チケット発売中 https://www.artosaka.jp/2022/jp/ticket/
Expandedチケット 1,000円
    ※Galleriesのみ事前予約制。
    ※小学生以下は無料。但し必ず保護者同伴下さい。
    ※入場にはマスクの着用が必須です。
    ※37.5度以上の発熱や体調が優れない場合は、来場をご遠慮下さい。
主 催:一般社団法人日本現代美術振興協会
特別協賛:千島土地株式会社
公式ウェブサイト:https://www.artosaka.jp

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: